2008年03月04日

歯科の医療事務

歯医者に行くと、受付の方が診察の補助について、医師に器具を手渡したりしていますよね。歯科ならではの医療事務の仕事です。もちろん診療行為はできませんが、歯科では清浄や準備など医師の助手としての仕事もするところがほとんどです。

現在では、予防歯科というのが注目されているのをご存知ですか?小さい子供には虫歯予防のためのブラッシング指導を、さらには定期健診をといった治療を積極的に取り組む歯科が増えています。歯科の医療事務はこのように幅広い仕事をこなせる人を望まれているといって良いでしょう。

医科と歯科で内容が異なるのがレセプトです。
内科とは診療内容も専門用語も違います。歯科には保険適用治療に自費治療を行うという「選定療養」という治療法もので、レセプトの作成も複雑です。

医科で医療事務をした経験があっても、転職すればさらに歯科の勉強が必要となるのは、お分かりになるでしょう。大変ですが、実際に歯科で働いている方達の多くは、働きながら専門知識を身につけてきた方達が多いようです。

歯科の医療事務の資格をとりたいと思っている方は、まずはアルバイトなどで歯科助手を経験してはいかがでしょう?実際に働くことによって、治療の流れがわかるようになりますし、治療に取り方などが理解しやすくなるのではないでしょうか。

医療事務という仕事は医科であれ歯科であれ、慣れるまでは本当に大変です。
posted by よっこちゃん at 23:24| 医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
医療事務のお仕事」の先頭へ  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。